流れる世界の片隅で

作詞:岸本絵梨香
作曲:岡 岐恭


白い雲が流れてゆく 優しい風が歌ってる
手を伸ばせば届きそうな 君の背中を見つめてる

今日も街は隙間なく動いてる
君の目にはどんな世界見えてるの?教えてほしいな

曲がりくねった道を行ったら幸せが迎えてくれるかな
君の横顔 時が止まる
あと少し、もう少しだけ
気づかないで 見つめさせて
時が動き出すまで


赤い太陽沈んでく 小さな花が笑ってる
手を伸ばせば届きそうな クセのある髪見つめてる

今日も街は淀みなく流れてる
君の目には違う世界見えてるの?教えてほしいな

でこぼこ道を何度越えたら幸せが迎えてくれるかな
繋がれた手に時が止まる
あと少し、もう少しだけ
離さないで この温もり
時が動き出すまで


今日も街は 隙間なく動いてる
君の目には同じ世界見えてるの?教えてほしいな
道なき道をどこまで行けば幸せが迎えてくれるかな
触れた唇 時が止まる
あと少し、もう少しだけ
感じさせてよ 君だけを
時が動き出すまで